Nishikori Kei

世界ランクは最高4位、2014年全米オープンで準優勝、2016年リオ五輪で銅メダルを獲得するなど輝かしい成績を残す錦織選手は、今や日本中の若いテニスプレーヤーたちがあこがれる選手。そんな錦織選手をよく知らない方の為に、錦織選手の最近の動向やコーチ、英語力や噂の彼女についてご紹介致します。

Nishikori Kei

錦織圭選手プロフィール

愛称:ケイ

出身地:島根県松江市

居住地:アメリカ合衆国フロリダ州タンパ

生年月日:1989年12月29日

身長178㎝

体重:78㎏

出身校:私立海星中学校卒業、私立青森山田高校(通信制)卒業

活動期間:2007年-(13歳で渡米、17歳でプロデビュー。)

錦織選手は5歳からお姉さんの影響でテニスを始め、小学校6年生で全国大会優勝。その後、松岡修造さんに見出され「修造のチャレンジトップジュニアキャンプ」に参加し、めきめきと頭角を現します。2008年には松岡修造さんに続いて日本男子史上2人目のATPツアーシングルス優勝者となりました。

英語力について

錦織選手の英語力には定評があり、試合後の英語のインタビューや会見でも、速度の速いスピーキングで自然な受け答えをしています。

母国語でもなかなか難しそうな質問に対しても、英語でパッと答えており、錦織選手はリスニングがすごいと、欧米の記者にはかなりの評価が高いそう。

アメリカ、イギリス英語を織り交ぜたハイレベルの英語力を身に着けています。

では、どうやってその英語力を身につけたのでしょうか?

錦織選手は13歳(中学2年生)でアメリカ、フロリダ州にあるプロテニス選手養成学校「IMGアカデミー」へ奨学生として留学・渡米しました。

13歳で両親の元を離れ、日本テニス協会の盛田正明・前会長が設立した「テニス・ファンド(MMTF)」の支援を受け、第4期特待生に選抜された事により世界的に有名な寄宿学校・全寮制の寄宿学校であるスポーツトレーニング施設IMGアカデミーに留学。卒業後も現在に至るまでここで練習を続けています。

ここで技を磨きましたが、当初は英語が分からず、嫌がらせも受けたとのだとか。しかし、「世界トップレベルの選手になる」という強い目標と意思があり、乗り越えた錦織選手。IMG留学生約300名のうち、プロデビューできる上位10人に残りました。

IMGアカデミー入学後も、朝5時半~夕方6時まで、勉強は数時間のみで、あとはみっちりテニスの練習だったよう。言葉が通じないことで誤解を受けたり、なぜ相手が怒っているのかが分からず戸惑ったり、泣きながらジェスチャーで意思表示したり…周りの会話についていけず大変な期間を乗り越え、その後は記者会見の度に英語力がアップしてきたと言われる様に。テニスだけでなく、英語の勉強も努力してきたんですね。

現在では世界中からインタビュー依頼が増え続けています。

テニスに関するフレーズや表現は日本語よりも英語の方が得意でしょう。

かっこいいですね!

同じアジアルーツのマイケル・チャンコーチ

Nishikori Kei

2013年から錦織選手のコーチとなったマイケル・チャン氏。彼は17歳3ヵ月でのグランドスラムを優勝し、現在も残る史上最年少記録を持ちます。

歴代の男子プロテニス選手の中でも最もメンタルが強いと評された事でも有名。

31歳で引退し、その10年後に同じアジア人としてのルーツを感じ、それまでコーチのオファーは断り続けてきた中で錦織選手からのコーチのオファーに応じたそう。

テニスだけではありませんが、スポーツ界において日本人を始め、アジア人はその体格から不利になってしまう事は度々あります。

自分より20cm以上も背が高く、200km/hを超える強烈なサーブを連続で放ってくる怪物のような欧米選手…

それだけでなく、黄色人種に対する人種差別。アメリカではアジア人に限らず、白人以外はみなある程度の差別を受けます。

台湾系のマイケル・チャン氏だからこそ、同じアジア系として、同じ苦難を経験してきた為に、錦織選手の事を強くできたのでしょう。

チャン氏が指導において何よりも重視したのは、錦織選手の脆かった精神面の強化。

アジア人に対して好意的ではない、いわばアウェーの4大大会の舞台でも、臆せず戦い抜けるよう、徹底的に指導したと言います。

指導内容はかなりスパルタで、運動量が多く、地道な基礎練習をみっちりやったり、かなりハードな練習を課せられ、その経験は、錦織圭選手のメンタル強化に大きく貢献したと言われています。

チャン氏が錦織選手に言い続けた言葉有名な言葉は、

「Believe, you can do it! (信じろ、お前ならできる) 」

人種の壁を越え、アジア人初の世界一へ。

一人では高すぎる目標も、二人ならば越えられるのでしょう!!

交際中の彼女との結婚について

先日、交際中のモデル、観月あこさん(28)との結婚を錦織選手が友人に報告していると報じられました!2人は4年前に交際が発覚。

交際発覚時、錦織選手は家族公認でお付き合いしていた元新体操日本代表選手の坪井保奈美さんと結婚間近…と言われていましたが、実は破局してたとの事。

その観月あこさんとは一体どんな人なのでしょう?

Nishikori Kei Girl Friend

名前:観月あこ

旧芸名:立花舞

生年月日:1991年10月20日

出身地:富山県

身長:166cm

職業:モデル

富山美少女図鑑に取り上げられた事がきっかけでデビューした観月さん。モデルとしては、コレクションに4回程出演しているのみの様子。社交的で交友範囲も広いとか。

しかし、彼女は悪い噂の方が大きく…交際スタート後の2016年にはリオデジャネイロで銅メダルを獲得した錦織選手。しかしここ数年は微妙な成績が続いており、ランキングもダウンし、1年ぶりにTOP10から外れました。

マイケル・チャンコーチは以前、『接触禁止令』と、2人の交際に関して条件を出したといい、”トーナメント中のプライベートエリア以外での接触禁止”、”試合はもちろんオフィシャルエリアへの帯同禁止”など、不調の理由を彼女にあるとした様子でした。

その後は気をつけてる様子もあり、今や彼女はほとんどの試合に同行し、四大大会などでも会場で応援する観月の姿が目撃されています。プライベートでは料理と英会話を必死に勉強し、献身的にサポートし続けてきたそう。そのおかげで遂に結婚という事でしょうか。

まだ正式な発表はされていないので、その発表を待ちたいですね!

現在錦織選手は10月に日本で右肘の手術を受け、12月始めの練習再開に向けてリハビリを行っています。

今後も日本が誇る、世界の錦織圭選手に注目です!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *