Tennis wear

テニスウェアといえば可愛らしさをよりアップさせてくれ、視覚的な魅力ももたらせてくれる事が女性へのメリット。

そんな可愛いテニスウェア、どうやって選べばいい?可愛いだけで選んでいいの?そういった疑問を持つ方の為に、選び方や注意点をご紹介致します。

Tennis Wear

テニスウェアの選び方

基本的に、まず練習の為に揃えるには、プレーをするときに動きやすくて快適なものであればOK。特にテニス用のウェアでなくても、運動ができるスタイルであれば大丈夫です。

しかし、テニス用として作られたものであれば、テニスのプレーをしやすいようにと工夫された機能が多く備わっているので、より快適にプレーする事ができます。

動きやすい服装、できればスポーツウェアとして販売されているものの方が汗の吸収力が高かったり、伸縮性があるので、”ジムに行く様な服装”とイメージされるのがいいかもしれません。また、体への負担を軽くするためにも、軽い素材で動きやすいできているものがいいでしょう。

テニス練習を経て、いざ試合に出る!という時はもちろんですが、可愛いテニスウェアを着るだけでモチベーションが上がるというのが女性心。テニスウェアはテニス特有の複雑な動きに対応できるように生地のカッティングがされていたり、腕や肩周りに伸縮性をもたせたり、肌触りもいいなど様々な着心地のいい工夫がされています。

テニスは左右に飛び交うボールを連続して追いかけなければならない為、着用しているウェアが重いとプレーの質も悪くなったりしてしまいます。

動きの激しいテニスは大量の汗をかくもの。汗をかいて、重いウエアになってしまうと動きづらくなってしまいますので「吸汗」「速乾」素材であることもテニスウェア選びのポイント。「消臭」機能のある素材もあればなお良いですよね。

その他、UV機能、火照った体を冷ますクーリング機能などもあります。機能性インナーは、筋肉疲労を軽減させる、運動能力向上といった目的だけでなく、加圧効果で、ボディが引き締まってくれるのも魅力の一つです。

また、ボールを入れるポケットがあると便利!

Tennis Wear

テニスウェアの種類

女性のウェアは男性と比べて種類が豊富!自分好みのデザインと機能性が備わっているものを選びましょう。

ポロシャツ、ショーツに加え、Tシャツ、スコート、ワンピースなどのテニス用ウエアがあります。そのほかにはインナーや防寒用のパーカー、待機時に着用するベンチコートなどです。

まず最初に揃える際は、半袖ポロシャツとショートパンツ、またはスコートがオススメ。日焼けをしたくない人は、UV対策として半袖の下に付けるアームカバーやUV用のインナー、レギンスや薄手のタイツなども一緒に揃えると安心です。

オススメブランド

♦︎アルペングループオリジナルブランド「イグニオ」

Tennis Wear Brand

♦︎アルペングループオリジナルブランド「ティゴラ」

Tennis Wear Brand

まず最初に揃えるなら価格低めが良いという方に。通常のテニスウェアの半額ほどで購入できるので、ぜひチェックしてみて下さい!

プリンス

Tennis Wear Brand

シャラポワがラケットを使用していた事でも話題になったブランド。可愛いデザインのものが多いので、かわいめデザインを探している人はぜひ。

アディダス

Tennis Wear Brand

誰もがご存知のスポーツメーカー、アディダス。抗菌・防臭などの機能をバッチリ備えながら、実は可愛いデザインも多いんです。スポかわ好きなら、アディダスを要チェック。

公式試合の服装は?

アマチュアの大会などですと、「プレーヤーは清潔で礼儀正しい慣習的に認められているテニスゲームウエアを着用のこと」と書かれています。一般的にテニスの大会等の基本的なルールについては、日本テニス協会が毎年販売する「JTAテニスルールブック」に書かれています。

「ITF(国際テニス連盟)服装規定およびJTA(日本テニス協会)ルールブック服装規定適応

という表記があるウェアであれば、ITFが定めている服装規定商品という事になります。

具体的に、女性の場合にはワンピースまたはシャツとスコート、またはショーツとなります。

寒い時期には上にセーターやカーディガン、ベストなどを着て試合をすることも可能。ただ、ウォームアップウェアなどの着用はウォームアップの時のみとなります。

逆に禁止されている服装は公式BOOKにも「テニスに不適切なTシャツ、ランニングシャツ、ランニングパンツ、ジーンズ、その他の不適切なウエアは、ウォームアップ中でも着用はできない。」と書かれていますが、Tシャツやランニングシャツ・ランニングパンツ・ジーンズなどです。

ただし、もしもTシャツの様なデザインをテニスウェアメーカーが”ゲーム用シャツ”として販売している場合は、そのウェアはOKと見なされます。

また、ショーツやスコートは膝が見える丈でなければなりません。

ロゴについて

その他の規定として、ロゴ(広告表示物)の位置と大きさについても公式試合では規定があるんです。

ロゴには主に「製造業者ロゴ」「コマーシャルロゴ」等がありますが、「コマーシャルロゴ」は契約団体、スポンサー等のロゴになるため、一般のアマチュア大会に出るほとんどの人には関係ないでしょう。「製造業者ロゴ」は文字通り製造メーカーのロゴです。細かい規定があるのですが、”ロゴが3つ以上ついている、もしくは大きいロゴのついたものは注意”とまずが覚えておけば大丈夫です。

ただ、ロゴは目立ちやすく、セーフ/アウトの判別もつきやすい(=指摘されやすい)ため、特に気をつけたほうが無難です!

以上が基本のテニスウェアの選び方と注意点となります。

まずは、テニスをする時に動きやしやすいことと、季節に応じた快適な服装であることを念頭に置いてくださいね。そして大会に出る時は、大会の規定を確認するのを忘れずに!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *