埼玉西武ライオンズ・常勝軍団への道のりと歴史

埼玉西武ライオンズの前身は西鉄ライオンズで、西日本パイレーツを吸収して以降、九州唯一のプロ野球球団でした。

西鉄が球団経営から撤退すると、ゴルフ場開発の太平洋クラブ、続いてクラウンライターを経て、西武グループの国土計画が球団経営に乗り出し、埼玉県所沢に本拠地を移しました。

2014年シーズンまで、最下位に沈んだことは一度もない埼玉西武ライオンズ。

西武球団誕生からその黄金時代を見ていきます。

saitama seibu lions

埼玉西武ライオンズ

会社名:株式会社西武ライオンズ

創設:1950年1月

所属リーグ:パシフィック・リーグ

本拠地:メットライフドーム(埼玉県所沢市)

埼玉西武ライオンズ・歴代チーム名

西鉄クリッパース(1950年):西日本パイレーツを吸収合併(1951年・開幕直前)

西鉄ライオンズ(1951年 – 1972年)

太平洋クラブライオンズ(1973年 – 1976年)

クラウンライターライオンズ(1977年 – 1978年)

西武ライオンズ(1979年 – 2007年)

埼玉西武ライオンズ(2008年 – 現在)

埼玉西武ライオンズ・獲得タイトル

アジアチャンピオン(1回):2008年

日本一(13回):1956・1957・1958・1982・1983・1986・1987・1988・1990・1991・1992・2004・2008年

リーグ優勝(23回):1954・1956・1957・1958・1963・1982・1983・1985・1986・1987・1988・1990・1991・1992・1993・1994・1997・1998・2002・2004・2008・2018・2019年

埼玉西武ライオンズ・球団の歴史

saitama seibu lions

西鉄クリッパースの誕生

1949年暮れにプロ野球再編問題が発生し、1リーグ体制だった連盟がセントラル・リーグとパシフィック・リーグの2リーグに分裂しました。

これを契機に後の西鉄3代目社長で球団オーナーも務める木村重吉らはプロ野球への進出を図り、福岡県福岡市で西鉄クリッパースを結成。

11月26日に発足し、パ・リーグへ加盟しました。

そして西鉄・クラウン時代を経て1978年レギュラーシーズン終了後の10月12日、廣済堂クラウンがライオンズ球団の売却・埼玉県所沢市への移転を発表。

当時の国土計画の堤義明社長がクラウンライターライオンズを買取り、西武ライオンズになったのです。

▷根本陸夫監督の就任・常勝軍団へ

新生・西武ライオンズの初代監督に就任したのは、福岡ソフトバンクホークスの記事でも述べた根本陸夫でした。

根本はオーナーの堤義明とともに、阪神タイガースの田淵幸一、ロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)から山崎裕之、監督経験もある野村克也といった積極的な補強を行います。

西武ライオンズ初年度の1979年は最下位。

しかし、この年を最後に2014年シーズンまで、西武が最下位に沈んだことは一度もないのです。

80年、81年は4位(通算成績。73年から82年までパ・リーグは2シーズン制を採用)に終わり、根本は81年限りで退団しますが、後の黄金時代を支える松沼博久・雅之兄弟、森繁和、杉本正といった投手陣、前述の田淵、山崎に加えて石毛宏典、秋山幸二、さらに外国人選手のスティーブ、テリーなど打撃陣も整い始めていました。

▷広岡達朗監督時代

1982年、広岡達朗が監督に就任し、チームの改革を実施。その効果はすぐに現れ、西武は前期に優勝を果たします。

後期は広岡がプレーオフを見据えて力を温存したとも言われ、3位にとどまりますが、日本ハムファイターズとのプレーオフに勝利すると、セ・リーグの覇者・中日ドラゴンズを降し、日本シリーズを制覇!

西鉄時代から実に24年振り、西武が球団経営に乗り出してからはわずか4年目の快挙です。

主力メンバーで西鉄時代を知るのは投手の東尾修と野手の大田卓司の2人だけでした。

そして翌年は序盤から首位を独走し始め、86勝40敗4分、2位阪急と17ゲームという大差をつけての2年連続リーグ優勝。

日本シリーズは巨人に4勝3敗で勝利し、2年連続日本一を達成。

広岡監督はペナントレース、日本シリーズ2年覇を果たした後、84年に3位となりますが、85年に再びリーグ優勝。

しかし、日本シリーズでは阪神タイガースの前に2勝4敗で敗れました。

▷森祇晶監督時代・西武黄金時代へ

シーズン終了後、広岡監督が自身の健康問題を理由に契約年数を1年残して辞任。

後任にはヘッドコーチとして広岡を支えてきた森祇晶が就任、94年までの9年間で実に8回のリーグ優勝、6度の日本一に輝き、常勝軍団を形成します。

森の任期の1986年から1994年には、1989年を除くすべての年でリーグ優勝し、また1992年までリーグ優勝した年には必ず日本一にもなり、「西武黄金時代」を築いたのです。

saitama seibu lions

来季から3軍制を導入することを発表した2019年、果たして2020年の埼玉西武ライオンズはどうなるのでしょうか。

今後も目が離せません…!