tennis basic

女子テニスで、世界2位だった大坂なおみ選手が、今夏に最新世界ランキングで1位に復帰するなど、テニスに注目が集まりだした昨今。

どのスポーツもそうですが、テニスも用語がたくさんある為、初心者には見ていても分からない事だらけ。まずテニスを始める上でも、観戦する上でも覚えておきたいのが『点数の数え方』です。

Naomi Osaka

まず、ルールを簡単に説明すると、テニスはボールをワンバウンド以内に相手側のコートの内に打ち返すゲームです。

一番最初にボールを打つ(サーブ)人は打つ場所と狙う場所が決められています。

サーブは1回失敗しても、もう1度打つことができます。

サーブを2回失敗したり、ワンバウンド以内に相手のコート内に打ち返せなかった場合、相手のポイントになります

そしてポイントは15、30、40、と数えます。

2ポイント以上差をつけて4ポイントとれば、1ゲーム。

3ポイントで同点になるとデュースと呼ばれ、先に2ポント差をつけた方がゲームを取ります。

先に2ゲーム以上差をつけて6ゲーム取れば1セット。

5ゲーム同士で同点になると、2ゲーム連取して7ゲーム取った方がセットを取ります。

6ゲーム同士で同点になるとタイブレークというゲームを行い、2ポイント以上の差をつけて7ポイント以上取った方がそのセットを取ります

プロの試合だと通常は2セット取れば勝利となりますが、アマチュアの大会では1セットとれば勝ち、10ゲーム先にとれば勝ち、などいろいろな変則ルールがあります。

では、詳しく見ていきましょう。

Tennis Point

得点の数え方やゲームの進め方に関わる基本的な用語を説明していきます。

ポイント

得点の最小単位です。得点を1回獲得するごとに、「1ポイント」「2ポイント」と数えます。

ポイントを相手より先に多く獲得した選手が勝つ、というのが得点の基本的なルールです

テニスでポイントが入るケースは色々ありますが、主なものは以下のような時です。

・打球が相手コートの外に行った場合

・相手ボールを空振りした場合

・サービスを2回とも失敗舌場合

・ネットに触れてしまった場合

ゲーム

試合の最小単位です。

4ポイントを先取した選手が、「1ゲーム」を獲得します。

「ゲーム」とは、は得点を基準にした試合の単位で、どちらかの選手が4ポイント先取するまでを、「1ゲーム」と数えます。

4ポイント先取で1ゲームが終わったら、また次のゲームが開始されます。

次に説明するセットとは、「ゲーム」より大きな試合の単位で、どちらかの選手が6ゲーム獲得するまでを、「1セット」と数えます。最終的に、既定のセット数を獲得した選手が勝者です。

ゲームのカウントの数え方は、

例えば3-2なら:ゲームスカウント、スリートゥートゥー(game’s count three to two)

3-3は:ゲームスカウント、スリーゲームスオール(game’s count three games all)

5-3は:ゲームスカウント、ファイブトゥースリー(game’s count five to three)

そして6-3でセットを取ることになります。

例えば、計5セットの試合なら3セット、計3セットの試合なら2セット選手したほうが勝ちとなります。

※試合では「マッチ」という用語が使われることがありますが、マッチ数=セット数を指しています。

セット

こちらが、「ゲーム」より大きな試合の単位です。

先に6ゲームを獲得した選手が、「1セット」を獲得します。

実際に試合に出るようになると、始めのうちは1セット取ったら勝ちという試合方式になります。

実際のポイントと、スコア上の表示は異なっているので注意しましょう。

例えば、1ポイントならスコア上の得点は「15」、2ポイントなら「30」となります。

また、得点数によって「ラブ(得点0)」「フィフティーン(得点15)」というコール(言い方)がされます。

テニスはポイントの数え方が特殊です。

数え方は下記になります。

 0:ラブ,love)

15:フィフティーン,fifteen

30サーティ,thirty

40フォーティ,fourty

ゲーム,game

ゲームはポイントを4つ重ねるとゲームが取れ、

0-0:ラブオール

15-15:フィフティーンオール

30-30:サーティオール

となります。

Tennis Set

デュース

40-40の場合、フォーティオールとは言わず”デュース”になります。

デュースになると2点連続で取ったらゲームを取れます。もし1点取って、次に相手に取られた場合。もう一度デュースに戻ります。

このデュースですが、デュースからサーブを打つ人が1点取ると”アドバンテージ・サーバー”、レシーブを打つ人が取ると”アドバンテージ・レシーバー”といいます。

初心者はこの「ゲームを取るまでのカウントの数え方」を最初に覚えましょう!

タイブレーク

ゲームの獲得数が「6-6」で拮抗したときに、「タイブレーク」が発生します。

「6-5」の時点で、すでに勝者は決まっているのでは?と不思議に思うのではないでしょうか。

確かに「6ゲーム先取で1セット獲得」が基本ルールですが、実は、2ゲーム差をつけなければならないという条件があるのです。

つまり、「6-4」や「6-3」といった差がついていなければ、まだ勝ちは決まらないのです。

タイブレークでは、特別に12ポイント制のゲームで決着をつけます。

このゲームの勝利条件は、2ポイント差をつけて7ポイントを先取するか、6ポイント同士になってから2ポイント連続で先取するのいずれかです。

タイブレークとは、いつまでも決着がつかない時に、公平にするための7ポイント先取のゲームの事なんです。

ちなみにタイブレークでも6-6になった場合は2点先取するまで、8-6になったり9-7になったりします。

コートのイン・アウト

シングルスとダブルス(混合ダブルス)では、コートの有効エリアに違いがあるので、ポイントが入る条件も違ってきます。

ボールがコートの有効エリアに入っていれば「イン」、エリアの外に出てしまったら「アウト」となります。

サーブとレシーブのルール

サーバーとは、プレーのはじめに相手コートへボールを入れる側、つまり「サーブ」を打つ側のことです。

そしてレシーバーは、サーバーが打った最初の1球目を打ち返す側の選手です。

サーバーとレシーバーの役割は、1ゲームごとに交代します。

 テニスの試合ではサーバー側が有利になり、レシーバー側が不利になる傾向があります。

ゲームでサーバーが勝つと、有利な形勢を保守する意味で、「キープ」と言われます。

逆に、不利なほうのレシーバーが勝ったら、そのゲームは「ブレイク」と言われます。

Tennis serve and receive

以上が基本的な数え方やルールとなります。

その他にもたくさんのルールは存在しますが、まずはこれらを軽く見ておいて、ゲームをしながら徐々に覚えていきましょう。

テニスをプレーしたり、観戦しながら覚えていけば、すぐに覚えられるので気軽に考えてくださいね!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *