keiba
keiba

1955年まで中山競馬場の呼び物と言えば中山大障害だけで、第2代日本中央競馬会の理事長、有馬頼寧が中山競馬場で東京優駿に匹敵するレースをと提案。

ファン投票で出走馬を選出する方式が採用され1956年に中山グランプリの名で創設されました。

第1回中山グランプリが12月23日に開催され、中山グランプリの興奮も冷めやらぬ翌1957年1月9日に有馬理事長が急逝された。

有馬理事長の功績を称え第2回から有馬記念に名称が変更された。

有馬記念の歴史

・1956年 4歳以上の馬による【中山グランプリ】を創設。

・1957年 レース名を有馬記念に変更。

・1966年 コースを芝2500M(内回り)に変更。

・1984年 グレード制導入GⅠに格付。

・1995年 地方競馬所属馬も出走可能。

・2001年 馬齢表示を国際基準へ変更。競走条件を3歳以上に変更。

・2007年 国際競争に指定され、外国調教馬6頭まで出走可能。

賞金

1着 3億円

2着 1億2000万円

3着 7500万円

4着 4500万円、

5着 3000万円

有馬記念のコース紹介

keiba

有馬記念の行われるコースは、内回りコースを使用しますが、スタートは外回りコースの3コーナー手前。

最初の4コーナまでは192M(コースA)で、コースを約1周半します。

コーナーは緩やか。直線は約310M、そしてゴール前に待ち受けるのが急坂。

残り180Mから70M地点にかけて設けられている上り坂の高低差は2.2M、最大勾配2.24%最大の難関と言えます。

コーナーを6回、回るので基本的には、うちの先行馬が有利、ペースがおちつきやすく捲りもよく決まる。

持久力を持つ馬がしばしば台頭しています。

中山競馬場芝コース(内回り)

直線距離高低差コース1周距離幅員
              310M              5.3M1667.1M20~32M
1686M17~29M
1704.8M14~26M

歴代有馬記念優勝馬

回数施行日競馬場距離優勝馬性齢タイム優勝騎手
第1回1956年12月23日中山芝・内2600mメイヂヒカリ牡42:43 1/5蛯名武五郎
第2回1957年12月22日中山芝・内2600mハクチカラ牡42:49 0/5保田隆芳
第3回1958年12月21日中山芝・内2600mオンワードゼア牡42:49 1/5八木沢勝美
第4回1959年12月20日中山芝・内2600mガーネツト牝42:50.9伊藤竹男
第5回1960年12月18日中山芝・外2600mスターロツチ牝32:44.5高松三太
第6回1961年12月24日中山芝・外2600mホマレボシ牡42:40.8高松三太
第7回1962年12月23日中山芝・外2600mオンスロート牡52:44.4山岡忞
第8回1963年12月22日中山芝・外2600mリユウフオーレル牡42:42.5宮本悳
第9回1964年12月27日中山芝・外2600mヤマトキヨウダイ牡42:45.1梶与四松
第10回1965年12月26日中山芝・外2600mシンザン牡42:47.2松本善登
第11回1966年12月25日中山芝・内2500mコレヒデ牡42:37.0保田隆芳
第12回1967年12月24日中山芝・内2500mカブトシロー牡52:39.7大崎昭一
第13回1968年12月22日中山芝・内2500mリュウズキ牡42:46.2森安弘明
第14回1969年12月21日中山芝・内2500mスピードシンボリ牡62:35.1野平祐二
第15回1970年12月20日中山芝・内2500mスピードシンボリ牡72:35.7野平祐二
第16回1971年12月19日中山芝・内2500mトウメイ牝52:36.0清水英次
第17回1972年12月17日中山芝・内2500mイシノヒカル牡32:38.5増沢末夫
第18回1973年12月16日中山芝・内2500mストロングエイト牡42:36.4中島啓之
第19回1974年12月15日中山芝・内2500mタニノチカラ牡52:35.9田島日出雄
第20回1975年12月14日中山芝・内2500mイシノアラシ牡32:38.1加賀武見
第21回1976年12月19日中山芝・内2500mトウショウボーイ牡32:34.0武邦彦
第22回1977年12月18日中山芝・内2500mテンポイント牡42:35.4鹿戸明
第23回1978年12月17日中山芝・内2500mカネミノブ牡42:33.4加賀武見
第24回1979年12月16日中山芝・内2500mグリーングラス牡62:35.4大崎昭一
第25回1980年12月21日中山芝・内2500mホウヨウボーイ牡52:33.7加藤和宏
第26回1981年12月20日中山芝・内2500mアンバーシャダイ牡42:35.5東信二
第27回1982年12月26日中山芝・内2500mヒカリデュール牡52:36.7河内洋
第28回1983年12月25日中山芝・内2500mリードホーユー牡32:34.0田原成貴
第29回1984年12月23日中山芝・内2500mシンボリルドルフ牡32:32.8岡部幸雄
第30回1985年12月22日中山芝・内2500mシンボリルドルフ牡42:33.1岡部幸雄
第31回1986年12月21日中山芝・内2500mダイナガリバー牡32:34.0増沢末夫
第32回1987年12月27日中山芝・内2500mメジロデュレン牡42:33.9村本善之
第33回1988年12月25日中山芝・内2500mオグリキャップ牡32:33.9岡部幸雄
第34回1989年12月24日中山芝・内2500mイナリワン牡52:31.7柴田政人
第35回1990年12月23日中山芝・内2500mオグリキャップ牡52:34.2武豊
第36回1991年12月22日中山芝・内2500mダイユウサク牡62:30.6熊沢重文
第37回1992年12月27日中山芝・内2500mメジロパーマー牡52:33.5山田泰誠
第38回1993年12月26日中山芝・内2500mトウカイテイオー牡52:30.9田原成貴
第39回1994年12月25日中山芝・内2500mナリタブライアン牡32:32.2南井克巳
第40回1995年12月24日中山芝・内2500mマヤノトップガン牡32:33.6田原成貴
第41回1996年12月22日中山芝・内2500mサクラローレル牡52:33.8横山典弘
第42回1997年12月21日中山芝・内2500mシルクジャスティス牡32:34.8藤田伸二
第43回1998年12月27日中山芝・内2500mグラスワンダー牡32:32.1的場均
第44回1999年12月26日中山芝・内2500mグラスワンダー牡42:37.2的場均
第45回2000年12月24日中山芝・内2500mテイエムオペラオー牡42:34.1和田竜二
第46回2001年12月23日中山芝・内2500mマンハッタンカフェ牡32:33.1蛯名正義
第47回2002年12月22日中山芝・内2500mシンボリクリスエス牡32:32.6O.ペリエ
第48回2003年12月28日中山芝・内2500mシンボリクリスエス牡42:30.5O.ペリエ
第49回2004年12月26日中山芝・内2500mゼンノロブロイ牡42:29.5O.ペリエ
第50回2005年12月25日中山芝・内2500mハーツクライ牡42:31.9C.ルメール
第51回2006年12月24日中山芝・内2500mディープインパクト牡42:31.9武豊
第52回2007年12月23日中山芝・内2500mマツリダゴッホ牡42:33.6蛯名正義
第53回2008年12月28日中山芝・内2500mダイワスカーレット牝42:31.5安藤勝己
第54回2009年12月27日中山芝・内2500mドリームジャーニー牡52:30.0池添謙一
第55回2010年12月26日中山芝・内2500mヴィクトワールピサ牡32:32.6M.デムーロ
第56回2011年12月25日中山芝・内2500mオルフェーヴル牡32:36.0池添謙一
第57回2012年12月23日中山芝・内2500mゴールドシップ牡32:31.9内田博幸
第58回2013年12月22日中山芝・内2500mオルフェーヴル牡52:32.3池添謙一
第59回2014年12月28日中山芝・内2500mジェンティルドンナ牝52:35.3戸崎圭太
第60回2015年12月27日中山芝・内2500mゴールドアクター牡42:33.0吉田隼人
第61回2016年12月25日中山芝・内2500mサトノダイヤモンド牡32:32.6C.ルメール
第62回2017年12月24日中山芝・内2500mキタサンブラック牡52:33.8武豊
第63回2018年12月23日中山芝・内2500mブラストワンピース牡32:32.2池添謙一
第64回2019年12月22日中山芝・内2500mリスグラシュー牝52:30.5D.レーン

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *